企業にとっての弁護士

個人間でトラブルが発生した際には、弁護士に相談することによって解決策が見いだせるということは分かりましたが、企業にとって弁護士という存在が大きいのはなぜでしょうか。

簡単に言ってしまえば、私達個人間と同じく、『トラブルが絶えない』からです。私達が、二人、またはもっと多い人数でトラブルを起こしてしまうように、企業という一つの大きな単位でも、他の企業や、顧客、従業員という単位とトラブルを起こしてしまうことがあります。そしてそれは、自社に責任がある場合も、取引先や顧客側に問題がある場合もあります。

これらの問題は発生してしまうとこじれやすく、長期的な問題への発展、信用の失墜、会社としての損失にも繋がりますので、そういった面では個人間のトラブルよりも厄介で、早めに解決しなければならない問題です。

企業のトラブルはとても迅速な対応が求められる場合が多いですから、すぐにトラブルに対応出来るように、『顧問弁護士』を雇うメリットは大きいと言えます。専属となる弁護士がいることによって、トラブルが発生してからすぐに、さらにはトラブルが発生する前から、それを予見して、できるだけ損失を少なくする対策を取るなどの方法が取れます。